about us

亀屋styleから
    始まる

山と海を望み、歴史ある落ち着いた町並み。暮らしやすい町として注目される大分県日出(ひじ)町に、
築百年を超え、国の登録有形文化財に指定されている商家「亀屋」があります。
そこは、作り手の顔が見える場として、人と人が出逢い、多くのつながりが生まれてきました。
それが、私たちの活動「亀屋Style」の始まりです。
そして2015年、亀屋での流れを引き継ぐように、丘を登った場所にある森の別荘へ活動を移し、
新しく生まれた場所が、豊かな森と別府湾を望む開かれた風景が広がる、創造空間kamenosです。

亀屋Styleとは

大分県速見郡日出町にある登録有形文化財の町家。明治40年築の建物を美しく再生した「亀屋」。
ここで、作り手と使い手が繋がる「おくど市」を企画運営したのが亀屋Styleです。
「おくど」とは今で言う台所のこと。「作り手の顔が見える市“マルシェ”を開くことで、この建物が活かされれば」と言う思いから、工芸品から野菜、加工品の販売から、音楽やアートイベントまで幅広い層に楽しんでいただける企画をしてまいりました。

つくり手の技が融合した空間kamenos

亀屋での流れを受け継ぐ場所として2015年にオープンしたのが創造空間kamenos。亀屋から車で10分ほど丘を登った森の中に佇む別荘。そこは、国東出身で日本を代表する陶芸家、河合誓徳さん(1927年〜2010年)のアトリエでした。晩年は、年に2回ほど大分に帰り、この別荘を拠点に国東半島や久住高原、別府湾といった古里の自然を写生されていたようです。
アーティストの想いが色濃く染み込んだ年月の経った場所に、新たな時代を担う県内ゆかりのアーティスト、職人たちが集まり、建物に手技の命を吹き込みました。そうして創り上げたのが現在のkamenosです。

人と人、人と自然、つながりが続く場

つくり手の想いが伝わる場所。kamenosという場の力で、人々が集い、ことを起こし、また人が集う。集う人が体感する様々なことごとに、心を動かされる。そしてkamenosの森の樹々やそよぐ風は、訪れる人々を優しく包み込んで癒してくれます。
森と建物が織りなす創造空間がそこにあるからこそ。
私たちは、その風景を眺めることで幸せを感じ、ただただ訪れる人が心地よく時間を過ごせるようにささやかなおもてなしをするだけです。
これからもずっと、人、こと、自然が繋がり続ける場所であるように、皆様と一緒に豊かな時間を紡いでまいります。