column

今のこと
  ・・・ゆるりと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 日々のこと
  4. シュトーレン

シュトーレン

昨年、APUの学生さんが何かのクリスマスイベントで大量に購入したけどイベントが中止になり、販売のお手伝いをしたことでこのケーキの名前を知った私だが、今年はkamenosのスタッフが手作りで作るそう。
なので早速、グーグル先生で調べてみた、どうもシュトレンが正しいらしい。発祥の地はドイツのナウムブルグが最古のだという。ドレス伝説の150年前という。1329年のケーキが日本に入ってきたのは1969年。それも皆さんご存知の福岡県にある千鳥饅頭総本舗、シュトレン開発はあのチロリアンの開発の4年後となる。

私の頃はクリスマスといえば、ホワイトクリームケーキ、ちょっといい時はチョコレートケーキ、たまにアイスケーキなどだった。今も子供たちは昔と変わらないクリスマスケーキを待ち望んで欲しいものだ。シュトレンは大人のケーキとして・・・

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事